ひげ 脱毛器

正しいひげの自己処理の方法

ひげの自己処理は、既に行なっているという方がほとんどです
正しい方法を知らずに行なっていることも多いと言われています。
朝、忙しい時に行なうことで、いい加減に剃っていたりすることを繰り返していると、それだけで肌を傷つけていることもあります。
ここで、ひげの正しい自己処理の仕方をおさらいしてみましょう。

 

自己処理のコツは、必ず毛の生え方に沿って行なうこと。
生え方に逆らうことで、毛穴を傷つけてしまうことがあります。
ひげの自己処理をしていて、出来物ができたりするときがありますが、毛穴に細菌が入ってしまうことで炎症が起こることがあります。
カミソリで自己処理を行なうときには、力を抜いて優しく行なってください。

 

ひげだけを剃っていても、刃の部分は肌に触れています。
まともに行なうことで、傷をつけていることもあります。
当たり前の話ですが、必ずシェービングクリームを使うことです。
肌に直接カミソリの刃を当てるのは禁止です。

 

電気シェーバーを使用する時に、きちんとあてるのは当然ですが、やはりソフトに当てるようにしてください。
出来物は必ず避けること。
傷を作ってしまうばかりではなく、傷跡を残すことになります。
何回も刃を当てたりすることもしない方が良いでしょう。

 

そして自己処理あとは、必ずアフターローションをつけて、肌の潤いを保つようにすることで、肌は守られることになります。
最近では、男性物のアフターローションも充実しています。


女性のひげの悩み 自己処理は慎重に

ひげといえば、女性も存在します。
ファンデーションをつけようとした時に、鼻下の部分にひげを見つけることがあります。
シェービングクリームを使って剃っている方も少なくないのですが、あまり肌に良いことではありません。
しょっちゅう剃らなくてはならないことですし、肌に優しい刃を使用していたとしても、少しずつ肌は傷むことになります。

 

また、既に色素沈着を起こしていて、しみになっているケースも少なくありません。
普通のひげばかりではなく、産毛が多い方もいらっしゃいますが、ファンデーションの邪魔になることもあります。
どうしたも自己処理をする場合は、顔用の小さなL字カミソリを使用して、ゆっくりと優しく行なってください。
顔には凹凸がありますから、それを無視することなく、毛の流れに沿って行なうことが大切です。

 

そして、自己処理の前後は必ず保湿を怠らないことです。
特に、自己処理後は丹念に保湿を心がけて肌の痛みを修復することが大切です。
最初に蒸しタオルを使用してから行なうと、出来上がりが変わってきます。
化粧水や乳液をつけてから行なうようにすることは当然です。
そして、一度で剃り上がるようにして、何度も刃を当てないことです。

 

どうして生えてきてしまう毛ですから、定期的に行なうことになりますが、その後のアフタースキンケアは丁寧に行なってください。
あまりにも頻繁に行わなければならない方には、エステなどの脱毛も視野に入れてみてください。
自宅での手入れの回数が断然減っていきます。

脱毛はエステ?それとも家で?

ムダ毛を処理するのが面倒になったとき。ムダ毛が伸びているのが嫌だと思った時。
恐らくたどりつくのは、脱毛だと思います。

 

今では脱毛もサロンでやるのが流行していますね。
最近では、家庭用脱毛器を使ったホーム脱毛も徐々に流行ってきているのです。
クリニックでやる脱毛は、医療レーザー脱毛なので、保険がありません。
そのため、高額な料金を払うことになります。

 

 

ですから、お肌にも優しいし、お財布にもやさしい。サロンの脱毛が流行る理由がなんとなくわかります。
しかし、どうしてホーム脱毛が今流行っているのでしょうか。
脱毛サロンと脱毛器どちらのほうがお得なのでしょうか。
比較してみました。

 

 

脱毛サロンは駅から近い店舗が多いので、大手なんかは通いやすいというのが大きいです。
激安キャンペーンをやっていることが多く少ない料金で脱毛を始められるのが魅力的です。
悪い点は脱毛に即効性さを求めるのであれば、クリニックのほうがいいです。また、お金がもったないと思うなら、
脱毛器のほうがいいでしょう。


 

脱毛器の場合は、家でいつでもどんな時間でも脱毛することができます。
脱毛サロンのように予約を5ヶ月待ちなどしているヒマがない!待ちきれないなどの事情があるなら、ホーム脱毛がいいでしょう。ただ、全部自己責任なので、注意しましょう。
脱毛器が気になるなら人気の脱毛器ランキングをチェックしてみましょう。比較しやすいので、おすすめです。